「改造例/カスタマイズ・モディファイ例」カテゴリーアーカイブ

TelecasterをEsquireにコンバート!

Fender Amrican Special TelecasterをEquire化!

「2ピックアップのスタンダードなTelecasterを1ピックアップ仕様のEsquireへコンバート」という改造をさせていただきました。ベースにしたのはFender American Special TelecatserでフロントPUを取り外し、ピックガードを交換、残るリアPUもヴィンテージスタイルのものに交換(Fender Texas SpecialからSeymour Duncan STL-1Bへ)、そしてEsquireの肝となるコントロール部の配線をEsquire配線に変更。この配線は簡略化した方法(Neck Positionが単なるハイカットサウンドになる配線)もあるのですが、今回は依頼主様の強いこだわりでFenderオリジナルの配線(Neck Positionがハイカットだけでなくローも程よくカットされた扱いやすいサウンドになる配線)に倣いました。 続きを読む TelecasterをEsquireにコンバート!

YAMAHAセミアコSA1200S ピックアップをSeymour Duncan Jazz & 59に交換

YAMAHAのセミアコSA-1200Sのピックアップをダンカンに交換。

YAMAHA のセミアコの修理及びピックアップ交換をやらせていただきました。SA-1200Sという型番で1980年製、見た目はセミアコのスタンダードGibson ES-335に近いですが、ボディの木材が変わっていてトップはアコースティックギターでおなじみのソリッドスプルース、バックは楽器材としては珍しいカバとブナの合板。そのせいか弾いた感触はES-335やYAMAHAのほかのセミアコとはちょっと違った個性を感じました。今回載せたピックアップはSeymour DuncanでフロントSH-2 Jazz、リアSH-1 59です。

サウンドは以下の動画の通り。

クリーン。アンプはFender Vibro Kingでエフェクトなし。

クランチ。歪はWEEHBO Effekte JTM Drive。

先のクランチをXotic BB Preampでゲインブースト。

続きを読む YAMAHAセミアコSA1200S ピックアップをSeymour Duncan Jazz & 59に交換