「effectors for sale」カテゴリーアーカイブ

WEEHBO Effekte JCM Drive ¥24,300(税込)

数あるマーシャルモデリングペダルの中でも秀逸な一台、WEEHBO Effekte JCM Drive!

ドイツ発のブティックペダルブランドWEEHBO Effekteから発表されているマーシャル系サウンドのペダルの一つJCM Driveです。同ブランドのマーシャル系ペダルは幅広く、初期のJTMサウンドから現代のJVMなどのモデリングまで多彩で、当店でもその完成度の高さからJTM Driveをギターのデモ動画でメインの歪として使用しています。

今回出品のこちらJCM Driveはマーシャルの60年代サウンドと70年代のサウンドを切り替えることができるのが特長。また3バンドEQに加え中域の効きをさらに調整するスイッチ、より大きなヘッドルームでレンジの確保が期待できる昇圧スイッチの搭載などメインの歪として緻密にセッティングできるのも魅力。

左側のフットスイッチはJTM(60年代風)/JCM(70年代風)の切り替え。右側のスイッチはOn/Off。写真はJCMモード。JTMモードでは左側のLEDは点灯しない仕様。Midrangeスイッチは3wayでMidの効き方を好みの位置にセットします。歪ペダルとしては珍しくInputコントロールも搭載。
IN/OUT、9V電源、省察スイッチは背面に配置。
背面。全体的に塗装の剥がれがありますが、これは元々の仕様でメーカー曰く「レリック加工」とのこと。WEEHBOは他のペダルも含めて初期はこのような仕様でした。裏パネルを外して9V電池で駆動させる事も可能。

ギターのボリューム操作によく反応するその特性はクラシックなロック、ハードロックなどにピッタリかと思います。また、JTMモードからJCMモードにするとゲインが上がるのを利用して、本機一台でリードとバッキングを使い分ける等の使い方も可能。

「マーシャル系のサウンド」というのが取りざたされがちですが、単純に質の高いチューブアンプ風のオーバードライブペダルをお探しの方であれば満足度の高い一台かと思います。

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文の方はこちらをクリック!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

 

Xotic Ep Booster Yuya Komoguchi Special Edition ¥16,740(税込)

注目のギタリスト菰口雄矢スペシャルエディションのEp Booster!

ここ10年のベストセラーペダルの一つと言っても過言ではないXotic EP BoosterのYuya Komoguchi Special Editionです。シルバーフェイスの特別仕様のEP Boosterと昇圧器(9V ⇒ 15V or 18V)Voltage doubler XVD-1、足でノブの操作が行えるノブキャップ、そして菰口雄矢氏のファーストソロアルバムのセットとなっていてお買い得!

外箱と取説も付属します。
ゴムキャップを取り付けたところ。これで足でつまみを回せます。
バックパネルを外したところ。内部にディップスイッチが二つあり、その組み合わせにより3つのサウンドバリエーションが得られます。9V電池での使用も可能。
通常別売りとなっているVoltage Dubler XVD-1が同梱なのもうれしいところ。これによって通常の9Vを15Vや18Vへ昇圧しての使用が可能。

プロアマ問わず多くのギタリストが「常時ON!」で使用されているEP Booster。傷等使用感はありますが、動作は問題なく、XVD-1やゴムキャップ、菰口雄矢氏のファーストソロアルバムなどが同梱となった大変お買い得なSpecial Edition、ファンの方はもちろん、昇圧してEP boosterを使いたい方や他の9Vエフェクターの昇圧使用と併用したい方、多くのギタリストが使用しているEP boosterを使いたいけど、通常のEp Boosterとは違った外観で差を付けたい方などにオススメ!

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文の方はこちらをクリック!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

 

Char監修 Maxon CS-550 Stereo Chorus 初期仕様 特価¥8,640(税込)

V国産の傑作コーラス、CS-550!きらびやかなアナログサウンドが秀逸!

1995年にChar監修でデザインされたMaxonのアナログコーラスCS-550の初期仕様品です。付属の10Vアダプターが欠品しているため特価とさせていただきました。Maxonのサイトでも説明されている通り本機は9Vでも問題なく使用できますが、ネット上で「9Vは全然ダメ」的なレビューが結構あり、ご検討される方もこの点少し心配もあると思いますので9Vで音出しした動画も撮影してみました。⇓

ギターはストラトタイプでPUはフロント固定。CS-550のミキシングレベルはエフェクト音を最大に捉えるためにフルで固定、フロントパネルの3つのコントロールを適当に調整しながら試してみました。評判通りアルペジオが気持ち良いです。おそらく正規の10Vの方が少しレンジが広いと思いますが、(9V⇒18Vといった差ではないので)極端に違うわけではないと思います。Youtubeで検索すると他にもデモ動画がたくさんヒットするのでご確認を。

コントロールは4つ。フロント側は左からSpeed、Depth、Delay time。側面(赤矢印の箇所)にエフェクト量のバランスを調節するMixing Level。そしてステレオ出力対応。勿論モノラルで使用OK(上の動画はモノラル)。
Mixing Levelのつまみ。
バックパネルに「10V Only」と説明されていますが、9Vで問題ありません(メーカーサイトでも同様に説明されています)。

「10V仕様」という話が先行し、9Vでの使用はイマイチとの誤解されがちな本機、実際は9Vでも他社コーラスを凌ぐ芳醇なコーラスサウンドが楽しめると思います。

上質なアナログコーラスをお探しの方にオススメの一台!

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文の方はこちらをクリック!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

 

Lovepedal Kalamazoo ¥19,440(税込)

ペダルマニアを唸らせたオーバードライブ、Lovepedal Kalamazoo

発売以来、プロギタリストは勿論、多くの歪物ファンを唸らせたLovepedalのオーバードライブKalamazooです。オーバードライブの王様、Klon Centaur以降の最高傑作オーバードライブとも評され、実際にcentaurとの比較動画も話題となったのを覚えているる方も多いかもしれません。

Youtubeで検索するとたくさんのデモ動画に出会えます。例えば⇓

コントロールは4つ。左上から時計回りに音量、歪量、低音をそのままに高域側を強調する(高域側のレンジを広げて倍音成分を増やすようなイメージでしょうか)グラス、さらに高域コントロールするトーン。

写真の通り、文字が大分剥がれてしまっていますが動作は問題ありません。本機は登場以来、マイナーバージョンも含め何度かにわたって数量限定再生産され、最近もToneとGlassのノブが他つまみと同じサイズになるなど外観が変更されたバージョンの新品が流通しておりその人気の程が伺えます。単体の歪としては勿論、メインの歪をプッシュするゲインブースターとしても秀逸なのは本機以前の名オーバードライブたちと同じ。使い出のあるオーバードライブをお探しの方、チューブアンプの歪を気持ちよくプッシュしてくれるゲインブースターをお探しの方にオススメの一台!

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文の方はこちらをクリック!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

 

MR. BLACK SUPER MOON REVERB ¥19,440(税込)

味のある残響を!MR.BLACK Super Moon Reverb!

シンプルなコントロールでナチュラルな通常の残響から揺らぎのある壮大な残響まで幅広くカバーしてくれるリバーブペダル、MR.BLACK Super Moonです。

MR.BLACKの本拠地オレゴン州ポートランドはMalekko Heavy IndustryやSubdecayなど個性派でありつつ自重性の高いペダルブランドを輩出していますが、MR.BLACKも独創的な発想力を持つペダルビルダーJack Devilleによってデザインされた芸術性の高いペダルを世に送り出しているブランド。今回出品のSuper Moonも実用性を備えつつ、他ブランドにはない個性を備えています。

YouTubeで検索して出てきた動画。個性的とは言っても変態的ではなく、あくまで音楽的に使えるところが本機のミソでしょうか。⇓

コントロール。reverbでエフェクトレベルを、Swayで揺らぎ(モジュレーション)を、Decayで残響の長さをコントロール。Swayは絞れば通常のリバーブ、上げてゆくと心地よい揺らぎ・うねり感が加わってきます。Decayの長さは300msから最大30秒(!)。
外箱と取説(英語・日本語)が付属。取説といっても日本語訳が私的な表現・・・。スイッチ上にかわいいシールが貼られていますが、このシールのせいか少しスイッチングしやすい気がしたのでそのままにしています。ご希望であれば剥がして発送いたします。

なんとなく懐かしいような、浮遊しているようなそんな不思議な感覚から宇宙を想起させる壮大な残響までこなす本機、単なるデジタルリバーブでは満足できない芸術家肌の方に大変お勧め!もともと流通数が多くないブランドではありますが、手放す人も少ないのか中古品は滅多に出ないと思います。ご興味ある方、お待ちしております!

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文の方はこちらをクリック!

⇒ 下取りご希望の方はこちら