「小型チューブアンプ」タグアーカイブ

12inch Jensen 搭載!Fender ’65 Princeton Reverb Mod. (Sold Out)

通常10インチスピーカのところ12インチに換装されたお買い得Princeton Reverb!

名機が多いFenderアンプの中でも人気の高いPrinceton Reverbの65年型復刻機を大胆にもJensen12インチスピーカーに換装した、痒い所に手が届く一台!もちろん改造作業はプロの手によって行われておりスピーカーのサイズに合わせてバッフルボードなども新調、サランネットも丁寧に貼りなおされており外観も中古品としては大変きれいでかなりお買い得では・・・。

サウンドチェック動画です。まずは78年製のテレキャスターで。ボリューム2からスタート、treble、Bassの効き、Reverb、Tremoloをチェック後にボリュームを上げていきました。

Navigatorのレスポールタイプでチェック。やはり最初はボリューム2から、あとからボリュームを上げて歪ませていきますが、こちらではクリッピングが早いのでボリュームは最大で6くらいまでにしています。

 

続きを読む 12inch Jensen 搭載!Fender ’65 Princeton Reverb Mod. (Sold Out)

CORNELL ROMANY PLUS 4段階パワーリデュース(Sold Out)

希少なアンプCornell Romany!
希少なアンプCornell Romany!

エリッククラプトンが大絶賛したことで知られるCornell Romanyにリバーブとパワーリデューサーを追加した、ちょっとしたライブやご自宅練習で使いやすいCornell Romany Plusです。生産数が非常に少なく、国内入荷は稀なため目にすることは少ない、非常に希少なアンプです。見た目はFender風ですが、英国のブランドでサウンドも憂いを帯びたトーン。クラプトンが絶賛するだけあり、サウンドも非常に気持ち良く、アンプ直でいつまでも弾いていたい衝動に駆られます。

動画です。ギターはGibson Les Paul Traditional、リアPUのみ使用、アンプ直です。

動画ではコントロールが見えないので少し解説しますと・・・

最初はパワーリデューサーの切り替えによる音量・歪の変化を見ています。ボリュームは50%に固定。小出力ほど歪が強くなります。フルボリュームではかなりの歪になりますが、ギターのボリューム操作でゲインは下がりきれいなクリーン・クランチになります。次はボリュームの量による歪みの変化を1.5wモードで確認。ボリュームを20%→50%→フルと変えていっています。歪の質はEQ Cutの方がコンプ感の強い感触になります。

そのあとはリバーブのかかり具合の確認・・・という具合です。

続きを読む CORNELL ROMANY PLUS 4段階パワーリデュース(Sold Out)