Fender 1978年製 Telecaster ¥259,200(税込)

いい色に焼けたプレイヤー向けにも良好なコンディションの78年製テレキャス!

写真の通り焼け具合がいい雰囲気を出している78年製のFender Telecasterです。昨今は70年代フェンダーもヴィンテージ市場の一角を占めてきており価格も上昇し続けていますが、本機はあくまで演奏するために生き残ってきた一本。使用感は年代相応にありますが前オーナー様によってしっかりフレット交換などのメンテナンスが施されており、これからもステージやスタジオでの戦力として長く付き合って行けるプレイヤーにお勧めしたいテレキャスターです。

動画です。まずはクリーン。アンプはFender Vibro Kingです。

クランチ。歪はWEEHBO Effekte JTM Drive。

前のクランチをXotic BB Preampでゲインブースト。

ボデイトップ。打痕や傷もありますが、使用にあたっての致命傷は一切ありません。ボディ材はアッシュ。
ピックガードとネックを外したところ。焼け具合がよくわかります。
ネックポケット。この時代のFenderはネックポケットが大きめでネックのセンターズレが起こりやすいものがよく見られますが、本機はネックをしっかり固定するためにシム(赤矢印)を仕込んでいます。
ほぼオリジナルの状態と思われるコントロール内部。POTは1MのナイロンシャフトCTS、キャパシターはダイレクトロン(サークルD)。
ボディバック。トップに比べるとエッジ部分の大きな塗装欠け(木部も少しえぐれています。)、(蛍光灯の映り込みがある部分に)シールをはがした跡があり、写真のような角度でみると前オーナーが自分で剥がした際の傷がわかります。他、ベルトバックルの跡等があります。演奏性に難を及ぼす損傷はなく、むしろこのくらいの損傷がヴィンテージの味わいだと考える人も多いかと思います。

 

ボディバック。ぱっと見の印象はこちらの写真の方が実機に近いかも。
ネックの状態は良好。フレットは近年打ち替えられており減りはほんのわずか。トラスロッドも十分な余裕があります(010~046の弦でレギュラーチューニングでセッティングしてあります)。
ヘッド。先端のエッジ部分に塗装剥がれが見られます。前面の焼けが強く渋い色合いなのに対し、ネック側も含めて裏側は年代を考えると比較的綺麗な状態(リフィニッシュしている可能性も)。変形など損傷がよく見られるFキーですが、本機はメッキの劣化も比較的少なめで動作も良好。
ヘッド裏。Fキーの状態が良いのもポイント。
現行Fenderでよく見られる樹脂製fenderケースが付属します。

中古品やヴィンテージ品からプレイヤーにとって「良い個体」を選ぶ時、「そのギターにとって必要なメンテナンスがされていたか」という事が大きなポイントになるのではないかと思います。本機は経過年数を考えると特にネックは良い状態を保っていますが、それは前オーナーさんが演奏性の確保維持に対して意識が高く、フレット・ナットの交換、ネック仕込みなど必要なメンテナンスもしっかりと行われてきた結果かと思います。

ボディはアッシュ材が用いられています。この時代によく見られた重量のあるアッシュでギターの総重量約4.5kgとベース並みのズシッとくる重さがあります。そのせいかサステインが効ており耳に痛い「暴れん坊」が多いテレキャスターとしては比較的コントロールしやすい音になっているのも本機の魅力かと思います。「経年によるエイジングの進んだ音を求めている」「テレキャスが好きだけど音が暴れすぎないものがほしい」「貫禄を感じさせる、ならではの外観のギターでステージに立ちたい」といったプレイヤーにお勧めしたい一本!

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文の方はこちらをクリック!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です