「Seymour Duncan SH-2」タグアーカイブ

EDWARDS E-SA-138LTC セミアコ!¥78,300(税込)

トップ&バックがソリッドメイプルという凝った作りの日本製セミアコ!

ESPの兄弟ブランドEDWARDS発のセミアコE-SA-138LTC、2010年製です。現在は価格改定に伴ってE-SA-180LTCという型番になっているようですが、仕様は全く同じ。Gibson ES-355のようなトラデショナルなシェイプですが、ボディのトップ・バック材がメイプル単板削り出しという非常に贅沢な作りになっている点が大きな特徴となっています(通常のセミアコは合板)。

フレットの磨耗は少なく、演奏性は良好。外観は使用感が表出しやすい金メッキパーツの劣化は少なめ。塗装部表面は大きな塗装欠け、割れなどの致命傷はないものの線傷、小打痕が散見され、前オーナーさんのそこそこ本機を弾きこんでいたと思われます。もともとはラッカー吹きっ放し(本機のトップコートはラッカーです)と思われるマットフィニッシュ(艶消し仕上げ)だったのですが、塗膜表面に再研磨を加えることで美しい艶が出ており、ブラックとゴールドパーツのコンビネーションと相まって高級感あふれる外観となっています。

サウンドチェック。まずはクリーン。アンプはFender Vibro Kingです。

クランチ。歪はWEEHBO Effekete JTM Drive。

先のクランチをXotic BB Preampでゲインブースト。

続きを読む EDWARDS E-SA-138LTC セミアコ!¥78,300(税込)

Edwards E-FA-200MA2 Solid Top&Backフルアコ美品!(Sold Out)

ESPの兄弟ブランドEdwardsの175風フルアコ、生産完了品!
ESPの兄弟ブランドEdwardsの175風フルアコ、生産完了品!

ちょっと珍しいESPの兄弟ブランドEdwardsのES-175風のフルアコです。Gibsonの175と異なり、本モデルは贅沢にもBody Top & Backがハードメイプル単板の削り出しとなっているのが特長です。ピックアップはSeymour DuncanのJazz(フロントSH-2n、リアSH-2b)、CTS POT、オイルキャパシタ、オールラッカー塗装など本格的な仕様で、勿論信頼のMade In Japan。

動画です。今回は指弾き。弦はDaddarioの012~052、3弦ワウンド弦(ラウンドワウンド)を張ってあります。

続きを読む Edwards E-FA-200MA2 Solid Top&Backフルアコ美品!(Sold Out)

EdEdwards 単板メイプルtop&backセミアコ (Sold Out)

珍しい単板top&backのセミアコースティック
珍しい単板top&backのセミアコースティック

ESPの兄弟ブランドEdwardsによるセミアコースティックタイプです。Edwardsというと入門~中級機のイメージがあるかもしれませんが、こちらはtop&backがメイプル削り出し単板という、ES-335タイプとしては贅沢な構造で反応の早い音で指弾きも楽しいかと思います。他、トップコートにはラッカー、ピックアップはSeymour Duncan Jazz&Custom5を搭載した高級機に引けを取らない仕様でハードケースも付属、コストパフォーマンスの高い一本です。

続きを読む EdEdwards 単板メイプルtop&backセミアコ (Sold Out)