KAMAKA HB-2DS 2019年製、ハーブオオタデザイン監修シェイプに限定スプルーストップLow G仕様!¥220,000(税込)

KAMAKA製ではめずらしいベルシェイプでスプルーストップLowGウクレレ HB-2DS、2019年製!

国内大手楽器店の特注モデルで珍しいスプルーストップのウクレレKAMAKA HB-2DSです。KAMAKAのレギュラーモデルとは異なるアコギでいうドレッドノートのようなベルシェイプボディは世界的ウクレレ奏者のハーブオオタ監修によるデザインでその名を冠したコアトップの機種も存在します。LowGチューニングでスプルーストップともなればギタリストにもなじみやすいかと思います。

 希少なフレイム杢のハワイアンコア材のサイド・バック、真黒エボニーの指板・ブリッジ、素朴でありながら美しいバインディングの寄せ木細工、杢の入った希少な材を一番美しく見せる切り取り方など手の込んだつくりの一本です。塗装は木材の鳴りを生かすのに好都合な薄い塗装(マット仕上げ)。

 指板側面に小さな凹み、欠けがありますが演奏に支障はありません(必要に応じて補修も承ります)。塗膜表面にはよく見ると小傷・点傷等使用感もありますが目立つものではなく中古品としては綺麗な状態と言えるでしょう。専用ハードケース及び、新品時のタグが付属します。

サウンドチェック。

トップは目の整ったスプルース。比較的輪郭の整ったサウンドはLow Gチューニングもお相まってギタリストでも扱いやすそう。サウンドホール内部にラベルが貼られています。画像には写っていませんが、サウンドホールからネック付け根に製造日とシリアルが押印されています。(2019年9月製造)
ブリッジはエボニー材。
複数種の木材が精密に組み合わされた美しいバインディングの細工。木材らしい素朴な色合いに癒されます。
ボディサイド。上品なカーリー杢が入ったハワイアンコア材が贅沢に使用されています。杢に加えて色の濃淡も美しく魅せてくれます。模様が対称になるように木取りされていて「見た目の美しさ」をとても大事にしていることが伺えます。
ボディバック。サイド同様の美しいハワイアンコア材。杢の入りは派手ではないですがそこがまた上品です。
ネックはマホガニーと真黒のエボニー指板の組み合わせ。
指板。今回の出品にあたってフレットを鏡面研磨しております。矢印の箇所に凹み・欠けがありますが、赤矢印と黄矢印の凹みは状態から新品時からあったものと思われます。白矢印の箇所にエボニー材の欠け(長径2.0mmくらい)があり、これが本機にある最も大きな損傷ですが、画像は損傷個所が目立つように強く光を当ててなおかつ実機よりも拡大されているので、実際は画像ほど目立つものではなく現状で演奏に支障はほぼないと思います。もちろん気になる方は当店で補修も可能ですので(+¥3,300)必要に応じてご相談ください。
ヘッド突板には主張の強いカーリー杢のコア材が振舞われています。ブランドロゴのインレイが浮き立つように色の濃い部分を中央にしたブックマッチがされているのも見た目の美しさへのこだわりでしょうか。
ヘッド裏。ペグの動作良好です。
新品時のタグと専用のハードケースが付属。

今回弦はDaddario EJ65TLG Clear Nylon(1~3弦ナイロン弦、4弦巻弦)を張りました。チューニングはLow Gとなっています。

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文方法、送料等について!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です