Ibanez JEM7V-WH 美品!¥205,040(税込)

使用感がほとんどない美品Steve Vai Signature JEM7V!

80年代から長きにわたりトップギタリストの座に君臨し続けているSteve VaiのシグネチャーモデルJEM7V-WH、2019年製です。前オーナーさんが1年ほど前に新品購入後ほとんど弾かれることなく保管されていたようで使用感はごくごくわずか、各パネルのフィルムも剥がされていない美品です。勿論、出品前に細かく点検、セットアップをやり直しておりますので弾き心地は新品に負けないでしょう。いくつかの仕様変更もされつつもおなじみの外観のまま30年近くIbanezのカタログに乗り続けたロングセラーモデルですが、最近生産完了が決まったそうで今後入手が難しくなると思われます。中古のみならず新品でお探しの方にもぜひご検討いただきたい一本!

サウンドチェック。アンプはFender Vibro Kingです。

まずはクリーン。5wayスイッチの1,5番(両端)はハムバッキングですが、2,3番(ハーフトーンポジション)はハムの片方のコイルとセンターのシングルコイルハーフトーンになっています。

 

クランチ。歪はWEEHBO Efekte JTM Drive。

 

先のクランチをXotic BB Prempでゲインブースト。

 

ボディトップ。ホワイトとゴールドパーツ、パール柄のピックガードが上品です。ピックガードが少しくすんでいるように見えるのは新品時のフィルムがはがされていないため。PUはVaiのために開発されたDimazio EvolutionのH-S-H。モンキーグリップはVaiモデルならではの特徴的な仕様。ボディ材はアルダー。
フロイドローズタイプのロック式トレモロ。スキャロップ形状で深く掘られたザクリはVaiモデルならでは。過激なアームアップが可能です。
ボディサイド。
ボディバック。こちら側のパネル類も新品時のフィルムは剥がしていません。
ネックはメイプル/ウォルナット/メイプル/ウォルナット/メイプルの5ピース構造。しかもメイプル部分は柾目(メイプルネックの多くは板目)になっています。こういった仕様は木材の癖による反りやねじれに比較的強く特にIbanezのような薄めのネックグリップのギターでは安心感があります。指板は色の濃いローズウッド。美しいツリーオブライフのインレイが印象的。
指板&フレット。当店入荷時、ごくわずかですがフレットの浮きが見られました(フレット浮きは長期間弾かれていなかったギターでよく見られる症状)が、出品前にしっかりメンテナンス、しっかりセットアップしています。メンテナンスに伴ってごく軽くフレット擦り合わせも行っておりますが、削った量は極々わずかですのでフレットの高さはほぼ新品のまま(ほとんど摩耗はないと思っていただいて差し支えありません)。21~24フレットのみスキャロップ指板になっているのもこの機種の特長。
ヘッド。画像ではテンションバー表面に少し小傷があるように見えますが元々平滑に仕上げない状態でメッキされているパーツですので新品時の見た目も同様です。ペグは安定感抜群のGotoh製。トラスロッドカバーのフィルムは張られたままになっています。ヘッド裏側にはシリアルが印刷されています(本画像ではオークションサイト等への無断転載対策で黒で塗りつぶしてあります)。
樹脂製の専用ハードケースが付属。ケース内でしっかりギターが固定されます。
付属品。Ibanez J.Craftのメンテナンスツール(トレモロやネック調整に必要なレンチ等が一纏めになっています)、PUのポールピース調整用のレンチ(3/32インチのレンチです。J.Craftのメンテナンスツールはミリ規格品ですので誤用に注意)。アームは2本あり、スタンダードな金属製と超軽量なカーボン製が付属。またそれぞれのアームのトルク調整のためのテフロンワッシャーの予備も付属。取り扱いマニュアルはギター全体の基本調整等について説明さえているものです。トレモロ(Ibanez Edge)のマニュアルは付属しませんが、ネット経由でダウンロードできます。ご希望あればトレモロのマニュアルも印刷したものをお付けできますのでお申し付けください。

今回弦はDaddario EXL120(09-42)をレギュラーチューニングで張り、弦高は1弦12フレット1.3mm、6弦は1.8mmに調整してあります。勿論トラスロッドに余裕もあります。

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文方法、送料等について!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です