Martin D-45 2008年製 状態良好! ¥572,000(税込)

憧れのMartin最上位機モデルD-45!状態良好!

アコースティックギタープレイヤーならだれもが一度はあこがれるMartinの最上位機D-45、2008年製です。後述の通り経過年数の割に外観は綺麗に保たれていますが、当店入荷時フレットに若干の凹みもあったことから前オーナーさんが大事に弾いていたことが伺えます。今回の出品にあたっては軽めのフレット擦り合わせ等のメンテナンスもしっかり行っており弾き心地は新品に負けないでしょう。もちろんトラスロッドの余裕もあります。

D-45は現在新品で100万円以上の値がついている高級機種でなかなか手が出ないですが、中古品とはいこの価格はかなりの掘り出し物と言ってよいのでは・・・。

サウンドチェック。

まずピック弾きから。撮影はZOOM Q4で内蔵マイク使用です。

 

指弾き。

 

ボディトップ。トップ材のスプルースは目が詰まったものがぜいたくに使われています。本機のトレードマーク、エッジ部全体に施されているアバロンのインレイが高貴な雰囲気を漂わせています。よく見ないとわからない程度の擦過痕、ラッカー塗装につきものの塗装やせ、ピックガード上の弾き傷などもありますが、中古品としてはきれいな状態です。
ブリッジ。ブリッジベースは勿論エボニー材から削り出されたものです。サドルは牛骨削り出しで各弦のピッチを考慮して頂点が調整されています。ブリッジピンは一般的な樹脂製ですがここにもアバロンのインレイが贅沢にあしらわれています。
ボディサイド。エンドピンは取り付けてありません(ちゃんと付属してますのでご安心を)。ネックヒール部にごく小さな打痕があります。正面(上段中央画像)からはわかりにくいですが、斜めに見ると(上段右画像)光の反射具合で打痕がわかります。塗装割れは伴っておらず目立つものでもありません。
ボディバック。この画像のとおり全体的に綺麗です。よく見ると拭き傷や小打痕(次の画像)、一部塗装表面の劣化がありますがいずれも目立つものではなく、中古品としては上等な状態と言ってよいでしょう。
画像左はボディバックにみられるごま粒大の小打痕。この打痕も割れは伴わないごく軽度なもの。画像右、座って演奏する際に胸が当たるあたりのボディエッジの塗装表面はよく見ると少し荒れが見られます。おそらく演奏時にあたる箇所で汗の付着などで劣化が他より進んでいるのだと推察されます。しかし、斜めから光のあて具合を変えて観察しないとわからない程度で製造から12年経過しているラッカー塗装という事も併せて考えると劣化の程度は軽度と言ってよいと思います。
ネックもアバロンのインレイが施されています。当店入荷時ローポジション側のバインディングの剥がれが見られたのでこれを補修してあります。ラッカー塗装の痩せのため1弦側のバインディングとマホガニー材の境界にわずかな段差ができています。勿論指板は漆黒のエボニー材、ネック本体はマホガニー材でしょう。
当店入荷時に一部フレットの浮き、指板上のポジションマーカ―の浮きが見られましたがこれらもきっちり補修してあります。また、ローポジションのフレット上に若干の凹みができていましたが、これもフレット擦り合わせによって解消しており弾き心地は新品に負けないかと思います。とは言え、もともとのフレットの摩耗量はわずかで今回のフレット擦り合わせ削った量もそれに準じますのでまだまだ長く付き合って行けるでしょう。
ヘッド表側。この画像では分からない程度の拭き傷、線傷はありますが、中古品としては綺麗な状態です。劣化が進みやすいペグのゴールドメッキもわずかなクスミがある程度。前オーナーさんが大事にしていたことが伺えます。
ヘッド裏側。
専用のハードケース、未装着のエンドピン、マーチン社の管理マニュアルが付属します。

今回は弦はDaddario Phosphere Bronze Light Gauge(12-53)をレギュラーチューニングで張っております。弦高は1弦12フレット2.1mm、6弦は2.9mm程になっています。ネックは標準的な状態(ほぼストレートで若干順反り)になっており、これよりも弦高を下げたい場合はサドル切削での調整をするか、別途低弦高用のサドルを作成する必要があります。ご希望あればこれらも対応可能ですのでご相談ください。

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文方法、送料等について!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です