Fender Japan TWEED CHAMP SPecial Mod.フルメンテナンス済お買い得品!¥66,000(税込)

Fender JapanのTweed Champ、スペシャルモディファイ品!

1990年代前半に日本国内で製造されていたFender JapanブランドのTweed Champ TC-10です。今回の出品にあたってPOTや電解コンデンサ、抵抗、出力トランスなど経年劣化等問題が見られたパーツを総交換、さらにパワーダウンモードとミッドブーストモードをスイッチ切り替えで選択できるモディファイも加えたスペシャルアンプです。

外観は使用感がありますが、製造から30年ほど経過していることを考えると状態は保たれています。今回実施したモディファイは外観上はわからないように施しており、小型Tweedアンプの見た目の可愛らしさはそのまま。前オーナーさんによってパワー管はフィンランド製のNOS管にアップグレードされています。メンテナンスやモディファイ、NOS真空管の費用を考えるとかなりのお買い得品!家での練習にもチューブアンプのサウンドが欲しい方や、小型チューブアンプでボリュームを上げた際のドライブサウンドがお好きな方などにオススメ!

サウンドチェック。Bold Cable FATでアンプ直、ギターは当店でカスタマイズを加えたミニギター(テレキャスタータイプ)。

最初にオリジナル状態(通常出力、Mid Boost Off)で。動画前半はVolumeは50%くらい、後半はフルにして小型チューブアンプならではのクランチサウンドを確認。TrebleとBassはほぼフル。

 

次に通常出力でMid Boost On。動画前半はVolume50%くらい、後半は90%くらい。TrebleとBassは先の動画と同じくほぼフル。

 

最後に低出力で。動画後半にMid Boost On。最初から最後までアンプのVolumeはほぼフル。カメラの録音セッティングは先の動画と同じです。通常出力の動画(特にMid Boostモード)ではボリューム大で音が割れていますが、低出力もモードではそれがなく音量・音圧が通常出力よりしっかり下がっているのがわかるかと思います。

前面。経過年数なりの汚れはありますが、この手のアンプの中古品にありがちなTweedの目立つ剥がれなどはありません。手入れはしっかりされていて、今回の出品にあたってフルメンテしていますのでまだ長く付き合って行けます。
コントロールはVolとTreble、Bass。インプットは1がHigh、2がLowです。日本だと「低出力でもチューブアンプだと家で鳴らすにはまだ音がでかすぎ」という方は多いかと思いますが、本機のLowインプット使用でさらに後述の低出力モードで鳴らすとかなり音量も抑えられ家での練習に適すと思います。見た目はオリジナルのままですが、後述のモディファイにより使用場面への対応力やサウンドバリエーションはノーマルと比べものになりません。
スペシャルモディファイその1.Bassノブはプッシュプルスイッチになっていてプル状態でミッドブーストモードとなります。よりパンチのあるサウンドが欲しい時にうれしい仕様かと思います。
スペシャルモディファイその2.電源スイッチは3wayタイプに変更、パネルの表示のON側が通常出力。OFF側にすると低出力となります。センターで電源OFF。パネルのON OFFの表示はあえてそのままにしています(通常はON/OFFの2wayスイッチ)。
パワー管はフィンランド製のNOS管に交換されています。これは前オーナーさんのチョイス(画像は未使用の同じ真空管を参考用に撮影したもの)。
後面。電源コードは日本の一般家庭用コンセントで使用できるタイプ。長さは約2m。
スピーカーはFender Japanブランドの8インチ。底面に張られたシールにMade in Japanの表記があります。製造は日本のギターアンプの歴史では外せないメーカーELKが担当していました。
左右側面。左側面に線状のシミがあります。

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文方法、送料等について!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

同型のアンプをお持ちの方で同様のカスタマイズにご興味のある方、遠慮なくご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です