「5弦ベース中古」タグアーカイブ

ATELIER Z M265 N/M (Sold Out)

アッシュの木目が美しいアトリエZ 5弦ベース M265!

プロ、アマ問わず多くのベーシストが手にしているべースブランド、ATELIER Zの5弦ベース、M265のメイプル指板バージョンです。写真の通りアッシュボディとメイプルの木目を生かした外観は非常に美しく目を引きます。ATELIER ZのPUにBartolini XTCTプリアンプ(Spectrum Boostなし)、各PUのボリュームにTrebleとBassのコントロール、コントロールキャビティ内にMidのCutコントロールを備えており多くのジャンル、場面で活躍してくれる一本かと思います。

動画です。まずはピック弾き。アンプはPhill Jones Bass Cub。最初の一分間はパッシブ、あとはアクティブで試しています。内部のMid Cutはセンターにセットしています。

指弾き。最初はパッシブ、あとからアクティブに切り替え。

続きを読む ATELIER Z M265 N/M (Sold Out)

ERNIE BALL MUSICMAN StingRay 5 with Piezo (Sold Out)

ピエゾを搭載したStingRay5!
ピエゾを搭載したStingRay5!

プレベ、ジャズベに次ぐスタンダードベースとしてゆるぎない地位をもつMUSICMANのStingRay5弦バージョン、しかもオプションのピエゾも搭載した市場でも滅多に見ない一本です。

5弦ベースというと5弦開放B音の輪郭がぼやけがちですが、本機は5弦開放を多用しても気持ち良く演奏できます。マグネティックピックアップは3点式のレバースイッチでハムバッキング(シリーズ接続)⇒シングル(パラレル、ファントムコイルでノイズキャンセル)⇒シングル×2(パラレル、2つのコイルをシングルとして鳴らす)となっています。またピエゾとマグネティックとの割合をバランサーで操作。勿論バランサーを一方に絞り切ればピエゾのみ、マグネティックのみも可能。さらにピエゾはキャビティ内のコントロールでそれぞれの弦毎と全体の音量を調整、好みのバランスにできます。そして全体のサウンドづくりをするアクティブの3バンドEQとマスターボリューム。非常に音作りの幅が広くなっています。

動画です。まずはピック弾き。

指弾き。最初はEQをすべてセンターにしています。EQがh以上によく効くので音作りの幅があります。

続きを読む ERNIE BALL MUSICMAN StingRay 5 with Piezo (Sold Out)