「名オーバードライブ」タグアーカイブ

Human Gear ViVAce SPECIAL (Sold Out)

理論派ブランドHuman Gearによる超拘りオーバードライブペダルのスペシャルバージョン!

非常にこだわり抜かれたオーバードライブペダル、Human GearのVivace Specialです。現在も製造されているVivaceのスペシャルバージョンで通常版よりもよりこだわり抜かれたパーツが使われているとのこと。残念ながらどういった仕様なのかの詳細は明かされてはいませんが、ペダルマニアの間で「究極のオーバードライブペダル」として語り草になっているそうですが、生産数も少数(おそらく数百台)だったためか中古品の流通はほとんどなく幻のペダルとも言えそうです。付属の取扱説明書によれば本機は単体ではなく、相性の良いチューブアンプともう一台素性の良いドライブペダルとを併用することを推奨されています。Human Gearらしい拘りと、詳細な提案は使用する電源にまで及んでいます。

以下詳細写真の通り、外観は側面と裏面のゴールドの塗装があちこちで剥がれており、前オーナーさんが使い込んでいたことがうかがえます。一方スイッチやコントロールなどの動作は問題ありません。取説、外箱が付属します。 続きを読む Human Gear ViVAce SPECIAL (Sold Out)

BOSS OD-2 TURBO OVER DRIVE 現行アダプター対応Mod.¥5,960(税込)

隠れた名機、BOSS TURBO OVER DRIVE、うれしい現行仕様のアダプターにも対応するモディファイ済!

80年代中盤に登場し、94年末まで製造されていたTurbo Over Drive OD-2です。型番「OD-2」からもわかる通り、全世界で愛用されたOver Drive OD-1の血統を受け継いで登場、本機の生産完了後もマイナーチェンジされたOD-2Rが90年代末まで生産されていました。本機のポイントとなるターボモードでは当時アマチュアでは手にすることが難しかったスタックタイプの大型アンプを大音量でドライブさせた時のコンプレッションの効いたハイゲインオーバードライブサウンドをリアルに出力することから、多くのアマチュアギタリストがメインの歪として使用していました。OD-1の系譜でよりハイゲインなオーバードライブサウンドが欲しい方、ディストーション系のエフェクターは苦手だけど、ハイゲインな歪みが必要といった方にピッタリかと思います。

BOSSコンパクトエフェクターは現行品と旧製品あるいは90年代前半までのものは電源アダプターの仕様が異なっており、OD-2を含め現行の9Vアダプター、パワーサプライからの電源供給に対応していませんが、今回出品の本機は現行アダプターやパワーサプライからの電源供給に対応できるように改造を加えていますのでエフェクターボードに組み込んで使うのにも不便はないでしょう。もちろん電池でも使用OK。

続きを読む BOSS OD-2 TURBO OVER DRIVE 現行アダプター対応Mod.¥5,960(税込)

Mad Professor Sweet Honey Over Drive (Sold Out)

Mad Professorの定番OD、基盤仕様でプライスダウン!音はそのまま!
Mad Professorの定番OD、基盤仕様でプライスダウン!音はそのまま!新品特価にて!

フィンランドのハンドメイドブランドでプロの愛用者も多いMad Professor Sweet Honey Over Drive。ハードワイアードゆえにどうしても高価でアマチュアには手の出しにくいペダルでしたが、最近は内部に基盤を用いた低コストのNewバージョンも追加され、その定評のあるサウンドが手に入りやすくなりました。Newバージョンとハードワイアードのバージョンの価格差は倍近くあるので、このNewバージョンの登場は非常にうれしいのではないでしょうか。コストダウンに伴って、パーツの変更はありますが、高品質ブランドの基本路線から外れることなく、しっかりしたパーツで組み上げられている点は変わりありません。しかも回路も同じものを基盤化しているようで、音も同方向のもの。

動画です。まずはストラトで。

レスポールで。

オーバードライブではありますがゲイン幅はかなり広く、軽いクランチはもちろんハードロックもカバーします。しかもゲインをフルにしてもボリュームを絞ったときの音の分離感はしっかり確保されたアンプライクな性格。歪ペダルとして高い次元の能力を有しています。

気になるハードワイアードバージョンとの音の差ですが、おそらくそれなりの大音量で比較しない限りその差は感じにくい程度だと思います。基盤仕様とはいってもそこはMad Professor、音に一切に妥協はなく、結果として非常にコストパフォーマンスの高いSweet Honey Over Driveに仕上がっています。

「あの音が欲しいけど、値段が・・・」という方や、「どのゲイン設定でもボリュームを絞った音が綺麗なオーバードライブはないものか」という方、「幅広いジャンルを一台でカバーする歪が欲しい」という方。こちらSweet Honey Over Driveはいかがでしょうか。

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文の方はこちらをクリック!

⇒ 下取りご希望の方はこちら