1993~94年製 Vanzandt ST Type ¥129,600(税込)

Mary Kaye風のVanzandt初期ストラトタイプ!

Vanzandtブランドとしてはごく初期にあたる1993~94年に制作されたストラトタイプ、木目が透けて見えるブロンドフィニッシュのボデイとゴールドパーツによるMary Kaye風のルックスの一本です。アッシュボディ、メイプル1ピースネックで現在のVanzndtブランドのSTV-R1に近い仕様ですが、カタログモデルではなくデモ機としてあるいは試作機として制作されたものではないかと思われます。

PU含むサーキットが交換されていることと、ボディのザクリが行われているなど改造があるため初期Vanzndtブランドのギターとしては比較的お買い得な価格設定となっておりますが、出品前にフレット擦り合わせも行なわれており中古品としては良好な演奏性を確保。Mary Kaye仕様がお好きな方やPGM工房のストラトタイプがお好きな方はもちろん、単純に「アッシュボディ+メイプル1ピースネックの組み合わせが好き!」という方にもオススメです。アッシュボディのギターの重量は個体差が大きく、選択の際に悩むポイントですが、本機は総重量約3.4kgと比較的軽量ではあるものの、軽すぎることもなく好バランスではないかと思います。

サウンドチェック。アンプはFender Vibro KingでクリーンサウンドのみシールドにBold Cable Solidを使用(アンプ直結、エフェクトなし)。歪サウンドはエフェクトにて。

まずはクリーン。

クランチ。歪はWEEHBO Effekte JTM Drive。

先のクランチをXotic BB Preampでゲインブースト。

ボディトップ。アッシュの木目が透けたブロンドフィニッシュとゴールドパーツの組み合わせが渋いです。PUのカバーは交換されています。打痕や傷なども散見されますが、大きな塗装欠けのような致命的なものはありません。以降のVanzandtギターの特徴である「極薄塗装」はされておらず、一般メーカーにみられるような比較的しっかりした塗装がされています。製造後の塗装焼けにより新品時よりは色が濃くなっています(下の画像参照)。ブリッジなどゴールドメッキの劣化もありますが、手入れは行き届いており動作もOKです。
ボディバック。写真だとわかりにくいですが、ボディトップ側と同様に打痕や傷など使用感はあります。バックパネルも付属。
ボディサイド。トップやバックと同様、打痕や傷はありますが、致命的なものはありません。
フロント・センターPU部分にザクリが広げられて一つの大きめのザクリにとなっています。導電塗料の塗り方から後から行われた改造と思われます。ピックガードの下の色合いが元々の色合いでしょう。
PUはブランド不明のヴィンテージタイプのPUに交換されています。POTはCTSにキャパシタはOrange Drop 715P 0.047μFですがこれも後から交換されたものと思われます。
ネック裏。中古品としては綺麗な状態です。トラスロッドも余裕があります。
指板。写真ではわかりにくいですが、小傷やこびりついて落ちなくなった汚れなど使用感はあります。しかし、出品前にフレット擦り合わせが行われており演奏性は良好です。フレットの高さは低いところでも1.1mmありまだまだ長く付き合ってゆけるでしょう。指板Rは12インチほど、22フレット仕様。ナット幅は42mm。

 

ヘッド表側。塗装部については先端のエッジ部に長径7mm程の塗装欠けがある以外は小傷、擦過痕程度の使用感で、制作から約25年を経過した中古としては良好な状態だ。ペグはロック式のものですが、これは後から交換されたものかも。ゴールドメッキの腐食や劣化がみられますが手入れは行き届いており動作は良好、見た目も程よい使用感がいい演出になっていると思います。
ヘッド裏側。メッキ部分はそれなりの使用感があります。塗装部は全体的に綺麗に保たれていますが画像では分かりにくい程度のごく小さな打痕、塗装欠けが先端エッジ部にそれぞれ1か所あります。
付属のギグバックと取り外してあるバックパネル、トレモロスプリング1本。

今回の出品にあたり弦はDaddario EXL110(10-46)をレギュラーチューニングで張りました。弦高は1弦12フレットで1.4mm、6弦1.9mm、トレモロは3弦開放が約1音アップできるフローティングに調整しております。前述の通り出品前にフレットの擦り合わせやナット溝の調整も加えられているので即戦力として活躍してくれると思います。

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文方法、送料等について!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です