Gibson Memphis ES-355 with Bigsby 2014年製 ¥280,800(税込)

2014年製、Bigsby搭載ES-355!

Gibson Memphis Factoryにて2014年に製造されたES-355 with Bigsbyです。古くはBluesの大御所、故BB King、近年ではELLEGARDEN、Nothing’s Carved In Stoneのギタリスト、生形真一氏やOASISのNoel Gallagherの使用で知られる人気のセミアコです。セミアコの代表機種ES-335シリーズの最上位機種にあたり、ゴールドパーツ、多層バインディング、ヘッドのダイアモンドインレイなどゴージャスな外観ですが、見た目だけでなくサウンドも気持ち良い一本。セミアコは守備範囲が広いことが知られていますが、ジャズ/フュージョンよりに愛用者が多いES-335に対し、本機はよりロック、ブルーズよりのプレイヤーに名プレイヤーが多く、セミアコの中でもエッジのあるギターでは・・・

Bigsbyがわずかに曲がって取り付けられているため本機の中古品としてはお買い得な価格とさせていただきましたが、演奏性は問題なくbigsbyならではのイナタイ感じのビブラートも楽しめます(以下の各動画もご参照ください)。

サウンドチェック。まずはクリーンから。アンプはFender Vibro King。

次にクランチ。同じアンプのまま、WEEHBO Effekte JTM DriveをOn.

最後にもっとハイゲインなサウンド。前のクランチをXotic BB Preampでゲインブースト。

ボディトップ。よくみると写真に写らない程度の細かな線傷、擦過痕がありますが、写真の通り塗装部は比較的綺麗。もともと劣化しやすいゴールドメッキはくすみが出ていますが致命傷となるような剥がれなどはなく中古品としては良好な状態。Bigsbyが若干右に偏って固定されているので(GibsonではこれでOKとして出荷したんですね)近年製造のES-355の中古品としてはお買い得な価格にさせていただきましたが、勿論動作は問題ありません。
実績のある57Classicを搭載!ここ数年Gibson MemphisオリジナルのPUを搭載した機種が増えていますが、やはり57Classicが載っていると安心感があります。
ボディバック。中央の上側の蛍光灯の映り込み付近に少しだけベルトバックルの痕がありますが、塗装割れなどは起こしておらずこの手の傷としては軽症。あとは全体的に小傷程度できれいです。ストラップピンはシャーラーのロックピンとも互換性のあるタイプに交換されています。
ベルトバックル痕らしき傷が見られるか所の拡大。
指板は希少となったエボニーの代替材としてすっかり定着したリッチライト。本機以外にもLes Paul Customでもおなじみになりました。Martinでも積極的に使用している材です。フレットは写真の通り、ローポジションにわずかに弦の痕がある程度で減りはわずか。擦り合わせはしばらく必要ないと思います。
ネック裏側もきれいです。今回10~46の弦をレギュラーで張って調整しました。弦高は1弦12フレット1.2mmくらいにしました。トラスロッドも余裕があります。
ヘッド。ペグのメッキにくすみが見られますが動作はOKです。伝統的にラッカー塗装を行っているギブソンのギターではよくあることですがバインディングと突板の境目あたりの塗装が収縮してクラックが入り始めています。
ヘッド裏面。ペグはグローバー。
ケースはGibsonのブランウンのハードケースが付属。トラスロッドレンチや認定証等の書類は残っておりません。

古いES-355ではバリトーン回路搭載やステレオ出力といった仕様も特長でしたが、本機は現代のシーンに合わせた一般的なモノラル仕様で製造されています。

新品では40万円台後半~、中古でもそこそこの使用感のものでも30万オーバーが多い本機、「予算的に中々手が出せなかった」という方にはチャンス!

前述のギタリストがお好きな方にはもちろんですが、いろいろなジャンルをこなせるギターですのでこの外観が気に入った方であればどなたでも!

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文方法、送料等について!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です