Collings I-35LC Faded Cherry 2013年製 状態良好!¥456,500(税込)

Collingsセミアコ、I-35LC、状態良好!

Collingsのセミアコースティックモデル、I-35LC Faded Cherry、2013年製です。アコースティックギターのトップブランドの一つとして知られるCollingsですが、本機を含むエレクトリックギターでも厳選した材と丁寧なつくり、大量の試作を経て決まったデザインなど、アコースティックでの実績を裏切ることなく非常に高い完成度を誇っています。

 ボディデザインは元祖セミアコES-335よりもやや小ぶりとなっていますが、見た目のバランスの良さと取り回しの良さが同居。弦長は一般的なミディアムスケールよりも1/8インチ(約3mm)長い24 7/8インチとなっており若干テンションが高くなる点やメーカー出荷時の弦が11-49であることなどにアコースティックな生音の響きも重要視したBill Collingsの思想が伺えます。

よく見ると塗装部の小傷・塗装やせ、メッキのくすみなどの使用感・経年変化はありますが、前オーナーさんは大事に扱ってきており全体的には綺麗な状態を保っています。フレットの減りもわずかでこれから長く付き合って行くのに申し分ないと思います。セミアコタイプで「特別な一本」をお探しの方、小ぶりなセミアコをお探しの方などにオススメです。

サウンドチェック。まずはクリーン。アンプはFender Vibro KingでシールドケーブルはBold Cable FAT、アンプ直。

 

クランチ。歪はWEEHBO Effekte JTM Drive。

 

先のクランチをXotic BB Preampでゲインブースト。

ボディトップ。上品にフレイム杢が出た美しい外観です。ピックガードは元々装着されていません。新品同様とまではいきませんが画像でもわかる通り目立つ傷は全くなくきれいな状態が保たれています。一般的な335スタイルのセミアコと比べて少しだけ小さいボディサイズで設計、それに合わせてFホールもスリムで全体的に洗練された印象。
一般的な335スタイルのセミアコとの比較。左が一般的な335タイプ、右がI-35LC。絶妙なバランスで小型化されていると思います。
ピックアップ等のメッキ表面にくすみが出ていますが、しっかりメンテされていたようで中古品としては綺麗な状態と言ってよいでしょう。ブリッジとテールピースはTone Prosのロック式が採用されており弦高調整の後でイモネジでしっかりスタッドに固定されます。細かい部分にもCollingsならでは拘りが詰まっています。
ピックアップはLoller製を搭載(Jason Lollar low-wind Imperial Humbuckers)。画像右はネックジョイント部のPUザクリ。とても丁寧なつくりです。こういった部分の丁寧さは他のメーカーを圧倒していると思います。
ボディサイド。
ボディバック。こちらも美しいフレイム杢です。画像では分かりませんが、ネックジョイント部に沿って塗膜の亀裂・段差が発生していますが、目立つものではありません。これはバインディング部と木部のラッカー塗装の収縮差によるもので、「使用感」といったものではなく「経年変化」と見てよいかと思います。勿論ネックはしっかり接合されており使用上も全く問題はありません。
ネックはマホガニー、指板はローズウッド。インレイ等を省いたシンプルなつくりですが、一つ一つの仕事がとても丁寧になされていて、派手な装飾がなくても高級感を感じます。
フレットは大きめのものが打たれています。減りはほとんどなく目立つ凹みもありません。トラスロッドにも余裕があり今後も長く付き合って行けるでしょう。
ヘッド。写真ではわからない程度の小傷・擦過痕がありますが、しっかり手入れされており綺麗な状態。ヘッド表の突板はエボニーで高級感があります。ロッドカバーもエボニーから削り出されたもの。ペグはロトマチックタイプ。
専用のハードケース、フレットガードが付属。
認定証。高級機ですので、素性を証明するこうした書類も大事ですね。

今回弦はDaddario EXL110(10-46)をレギュラーチューニングで張りました。弦高は1弦12フレット1.3mm、6弦は1.8mmに調整してあります。ミディアムスケールのギターだと10-46がもっとも多く使われていますが、本機の場合Collingsのデフォルトが11-49でもあり、好みによって太めの弦に替えても面白いかと思います。

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文方法、送料等について!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です