「Jim Dunlop GCB-95」タグアーカイブ

Jim Dunlop GCB-95 Cry Baby Special Mod.¥10,800(税込)

定番ワウのお買い得Mod品!

誰もが一度は手にする大定番ワウ、Jim Dunlop Cry Baby GCB-95の内部パーツをいくつか交換し、ミニスイッチを増設したモデイファイ品です。ポイントは以下3点

①トゥルーバイパス化されている

➁ワウのカーブが変更されていてよりワイドなワウ効果

③バッファーののOn/Offスイッチ増設

通常のGCB95に比べてレンジがワインドになったようなサウンドで、太さも増している感じです。リードギターでノーマルのGCB-95だと音がちょっとか細く感じる方などにオススメです。もともと組み込まれていて常時ONのバッファーのOn/Offを切り替えるスイッチが増設されています。使用環境に応じてOn/Offするのは勿論ですが、音色の微調整の意味で切り替えても良さそうです。トゥルーバイパスもうれしいところでしょう。

全体的に使用感がありますが、動作はOK。電池駆動、アダプター使用どちらでも行けます。赤矢印の箇所のペダル上板の下にバッファーOn/Offスイッチが取り付けられています。
バッファーOn/Off切り替えのミニスイッチ。(写真の状態でOn)

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文方法、送料等について!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

大定番ワウ Jim Dunlop Cry Baby GCB-95 (Sold Out)

ワウペダルの代名詞、Cry Baby GCB-95!

「ワウペダル」といえばまずはこの機種を思い浮かべる人が多いと思われる、Cry Baby GCB-95です。おそらく現代の市場では流通数も最も多いのではないでしょうか。Yngwieなどプロにも愛用者がいるのは手に入りやすさだけでなく、サウンドも定番だからでしょうか。もう一つの定番機VOX847に比べて少し高域よりのワウサウンドはまさにその名の通りの音です。

9V電池の他、アダプターやパワーサプライなどからも電源をとれます。消費電流は少ないエフェクターなので、チューナーなどの他ペダルに電源アウトがあればそこからとっても良いでしょう。
スイッチングが柔らかくできるように薄いゴムスポンジをかませてあります(簡単に取り外し可能)。
裏面。使用感ありますが、動作は問題なし。

写真の通り使用感はありますが、動作は問題ありません。改造というほどではないですが、薄いゴムスポンジがペダル裏面のスイッチに触れる部分に取り付けてあります(簡単に取り外せます)が、これによって比較的軽いアクションでもスイッチング出来るようになっています。

ワウはかなり多くの種類が存在しますが、それゆえ、初めてワウを考える場合には悩むことになると思いますが、そんなときは本機がお勧め。大定番というだけでなく、流通数が多いため新品、中古とも比較的入手しやすい価格なのも魅力です。

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文の方はこちらをクリック!

⇒ 下取りご希望の方はこちら