Warwick Streamer LX Jazzman 4 Honey Violin Oil Finish 2004年製 ¥99,900(税込)商談中

使用感多いためお買い得価格!Streamer Jazzman!

Warwick Streamer Jazzman 4弦バージョン、2004年製です。現在もカタログモデルとなっていますが、仕様は変更されてきており、現行ではウェンジネックにナットはブラスのアジャスタブルタイプですが14年前に制作されたこちらはオバンコールネック、樹脂製のアジャスタブルナットとなっています。各部の傷・打痕・塗装剥がれ、ナットの破損個所があること、ペグの角度変更の痕があるなど使用感は多めのためドイツ製warwickとしてはかなりリーズナブルな価格設定にさせていただいておりますが、フレットの摩耗は少なく、長く付き合えるポテンシャルがあります。即戦力としていかがでしょうか。

サウンドチェック。アンプはPhill Jones、シールドはBold Cable FATを使用。ピック弾きから。

指弾き。

ボデイトップはAAグレードのフレイムメイプル。傷や打痕、メッキの劣化がありますが、画像の通り木目が主張していてゴージャスな雰囲気は失っていません。
マスターボリュームとバランサーが同軸POTとなっています。プッシュプルスイッチにもなっておりプルでパッシブ、通常はアクティブ。残り3つのノブはTreble Middle BassのEQ。ミニスイッチは3wayとなっておりリアPUのシリーズ接続・コイルタップ・パラレル接続の切り替えを行います。ゴールドメッキの劣化がみられますが、オクターブや弦高の調整などの動作も完動です。
ボディバックはSwamp Ashです。ネックジョイント部付近に塗装剥がれ、打痕が多くみられます(本機で一番使用感が強いのはこのあたり)。
ネックは現行(ウェンジ)とは異なりオバンコールが用いられています。指板は現行と同じくウェンジ。現在弦は45-100をレギュラーチューニングで張っており、トラスロッドの余裕も残っており、管理さえしっかりすればこれからも長く付き合って行けると思います。ただし、トラスロッドの効きは緩やかで現在よりも太い弦を使用する場合などは注意が必要かと思います。
指板。warwick以外のブランドではあまり見られないウェンジ材にフレットはBronze。指板上に巻弦の痕や擦過痕、汚れなど使用感はありますが、フレットは14年前に製造された楽器としては摩耗が少なく、弦による凹みも極わずかで中古品のフレットとしては良好な状態。
ヘッド。よくみると拭き傷がありますが、ボディ側に比べて使用感は少なめ。ゴールドメッキの劣化も見られますが、製造からの経過年数を考えるとよく保たれていると思います。アジャスタブルタイプのナットは現行のブラス製と異なり樹脂製。ナットのベースプレートの破損(下画像参照)がありますが、弦を張った状態で問題なく演奏できます。必要に応じてナット交換しても良いかと思います。ナット交換のご相談も大歓迎です。
ナットのベースプレートに破損がみられます。赤矢印の箇所に亀裂、黄矢印の箇所のフックが欠けています。2つ空いている穴はアジャスタブルナットの高さ調整をするイモネジの痕で、この痕にイモネジがはまるため、フックが片方かけていてもナットがずれることなく機能しています。
ヘッド裏側。オバンコールの落ち着いた木目・色合いがいい感じです。1,2弦のペグの取り付け角度を変更した履歴があり、その際のねじ穴が残っています。中央部にシリアルナンバーが刻印されていますが画像処理で隠させていただきました。
付属のギグバックとwarwickオリジナルのロック式ストラップピン。ギグバックの方も結構使用感がありますが問題なく使用できます。ドイツ製のwarwixk製品に新品時付属しているメンテナンスキット・ファイルは残っておりませんが、ブリッジの調整に使用する1.5mmと2.5mmのレンチはサービスでお付けいたします。ネック調整には5.0mmの六角レンチが別途必要となります。

現在45-100ゲージの弦をレギュラーチューニングで張ってあります。1弦の弦高は2.0mm、4弦は2.8mmくらいに調整しました。当店入荷時フレットはかなり曇っていたので出品前に磨きなおしてありますが、前述の通り摩耗は少なく、しばらくはフレット擦り合わせや交換をせずにお使いいただけるコンディション。できるだけコストを抑えて即戦力となるドイツ製Warwickベースを手に入れたい方にはまたとないチャンスかと思います。本機を元にお好みでチューンアップを加えて使用するのも面白そうです。

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文方法、送料等について!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です