修理・改造履歴品はどう?買取りが難しい楽器は?

改造・修理履歴のあるギター・ベースは一般的には買取り査定も厳しいかと思いますが、その内容によってはそれほど査定額に悪影響を与えない場合、かえってプラスになる場合も・・・。例えば以下の場合です。

・パーツ交換したが木部加工はなく、オリジナルパーツもあり元に戻せる。

・そのギター・ベースでは定番の改造をしたもの。

・フレット・ナット・電気パーツの消耗部の交換を行ったもの。

 

以下に当てはまるギター・ベースは買取りができないか、買取り額は極端に低くなります。

・メーカー、モデル名、シリアルナンバーが不明

・新品時の価格が3万円以下

・修理不能、修理コストが甚大

 

以下のような修理・改造履歴のあるギター・ベースは特に査定が厳しくなります。

・ネック折れ補修・修理あり

・雑な再塗装、フレット・ナット・ブリッジ交換等が施されている

・木部形状を大きく変更する加工をした

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。