「修理・調整例/リぺア・メンテナンス例」カテゴリーアーカイブ

基本調整でお預かりしたOrville SGD-160ダブルネック 1994年製

ダブルネック!!

画像は基本調整でお預かりしたOrville SGD-160ダブルネックモデル1994年製です。もともと流通数が少ない機種で私自身目にする機会がなかなかなかったこともあり今回持ち主様にご許可いただいてレポートに残させていただきます。

OrvilleブランドではGibson PUを搭載したダブルネックもラインナップされていてそちらの方は型番も本家と同じEDS-1275だったようです。今回のSGD-160はEDS-1275とはPUが日本製であること、ネック裏にボリュート(GibsonやMartinといったヘッドに角度があるギターでネックの折れやすさを緩和する目的で設けられた補強)があること、12弦側のペグがFenderでみられる6連タイプ(EDS-1275はペグ一個につき2本のビス止めのところ、本機では6個のペグを7本のビスで固定)でヘッドの長さもやや短くなっています。今回は基本調整のみを行ったのですが、6弦ネック側のナットの5弦の溝が限界で開放弦がビリつきやすかったり、一部フレットの浮き上がりで低い弦高にはしにくい状態だったのですが、幸い持ち主様はそれほど低い弦高にこだわっておらず基本調整のみで演奏を楽しめる状態にできました。

個人的にネックが二本あるとややこしそうで弾きにくそう、何を弾いていいかわからないと思っていたのですが調整を済ませてサウンドチェックでいろいろ弾いてみるとこの仕様ならではの音がいろいろ出てきて意外と楽しく面白いギターでした。

以下各部。

続きを読む 基本調整でお預かりしたOrville SGD-160ダブルネック 1994年製

フレット交換させていただいたTokai Les Paul reborn LS-100

Heavy Gauge Guitarsにてフレット交換をさせていただいたジャパンヴィンテージTokai LS-100 Les Paul Reborn。

上画像は1980年頃の製造と思われるTokai Les Paul Reborn LS-100です。当店Heavy Gauge Guitarsにてフレット交換をさせていただいたのですが、人気のジャパンヴィンテージTokai LPタイプの中でも希少な機種でそのサウンド等は興味深かったので今回持ち主様のご許可を頂いてレポートさせていただくことになりました。

 ボディはソリッド2ピースメイプルトップ、1ピースマホガニーバック、1ピースマホガニーのネックにローズウッド指板というオーソドックスな木材構成にABR-1タイプのブリッジ(サドルはブラス)、アルミのテールピース、クルーソンタイプペグ、PUはDimazio PAFという仕様です。今回フレットを日本製のジャンボフレット(三晃SBB-215 高硬度品)へ、ナットはCamel Boneに交換、その他エスカッションは交換されたものの可能性がありますがそれ以外はオリジナルスペックです。

 サウンドチェック。まずはクリーン。アンプはFender Vibro King、エフェクトなし。

 

クランチ。歪はWEEHBO Effekte JTM Drive。

 

先のクランチをXotic BB Preampでゲインブースト。

 

 以下詳細。ご興味あればどうぞご覧ください。 続きを読む フレット交換させていただいたTokai Les Paul reborn LS-100

高めの弦高を許容することでとりあえずは基本調整でいい感じになった例:Fender Japan ST62-770LS

Heavy Gauge Guitarsにて調整させていただいたFender Japan ST62-770LS。

 画像は当店で調整をさせていただいた1989~90年製のFender Japan ST62-770LSです。長く保管されていたギターで、現在の持ち主様から本機をこれから弾き始めるにあたっての調整のご依頼をいただきました。お預かり時の状態は外観の損傷こそ少なく、ピックアップも正常だったものの他の電気パーツ正常に機能せずちゃんとした音が出ませんでした。また、ネックはフレットの浮き上がりが散見され、それによる音詰まりや過度なバズで気持ち良い音が出ない状況。持ち主様にとってはこれからどうこのギターと付き合って行くかは固まっていないということもあり、いきなり高いコストと時間をかけてすべてのメンテナンスを行うのではなく、「とりあえずは基本的な調整にとどめてバズ等回避のために高めの弦高にし、機能しなくなった電気部品は新調、ノーマルストラトに再配線」で行くことになりました。

 フレット浮きがあるなどフレットの高さにばらつきがある場合、特に弦高を低めにセットしたギターでは演奏への支障が顕著に出ますが、弦高が高いほど健在化しにくくもなります。本機ST62-770LSの場合、指板Rの都合で高めの弦高の方が本領を発揮しやすいギターであるということもあり、今回のメンテ内容でも十分演奏を楽しめる状態には持っていけたと思います。後は持ち主様が本機を弾き込んで、方向性が固まったら追加でメンテナンスするのも良いと思います。例えばサステインを強化したいなら大き目のフレットに打ち換える、低めの弦高にしたければフレット打ち換えの際の指た修正で指板Rも修正を加える、自分の出したい音によりあうピックアップに交換するなど考えられます。こういったことはまずはそのギターを弾き込んで行かないと具体的になりにくいことでもあるので今回のようなスタンスでメンテナンスするのも良いと思います。

 以下レポートが同様のケースの参考なれば幸いです。

 

続きを読む 高めの弦高を許容することでとりあえずは基本調整でいい感じになった例:Fender Japan ST62-770LS

レスポールタイプのナット交換例:Gibson Les Paul Classic 2000年製

Heavy Gauge Guitarsでナット制作・交換させていただいたGibson Les Paul Classic。

 上画像は当店Heavy Gauge Guitarsにてナット交換とフレットすり合わせ等をさせていただいた2000年製のGibson Les Paul Classic。元々「音が詰まる、バズが大きい」という症状があり、持ち主様が弦高を上げてみたものの解消せずに当店に持ち込まれた経緯があります。実機を点検させていただいたところ「ナット溝の深さがフレットの高さに対して過度な箇所が複数ある」「浮き上がっているフレットが散見される」ことを確認、それらが前述症状の要因になっていると判断、フレット浮きの補修の上でフレットすり合わせ、さらにナットを新調することで解決を見た例です。 続きを読む レスポールタイプのナット交換例:Gibson Les Paul Classic 2000年製

アコースティックギター基本調整Standard+サドル底面切削による弦高修正の例

基本調整とサドル修正でお預かりしたHistory NTS3。この画像がすべての作業を完了した状態。

上画像はHeavy Gauge Guitarsの「アコースティックギター基本調整Standard」とオプションの「サドル底面切削による弦高修正」をやらせていただいたHistory NTS3です。ご依頼主様のご許可を頂き、アコギの基本調整の例としてレポートさせていただくこととなりました。アコギの調整をご検討されている方のご参考になれば幸いです。

Heavy Gauge Guitarsでのアコースティックギターの基本調整Standardコースの主な内容は以下の通り。

  1. 弦張替え
  2. ネック調整(トラスロッド調整)/弦高調整
  3. ペグ等ねじ止め部のチェック、調整
  4. フレットの鏡面研磨
  5. 指板クリーニング・コンディショニング

 当店ではご依頼主様が気にしている箇所等ヒアリング、実機の点検を行った上で持ち主様のご要望を実現するための処置方法の提案(選択肢の提示)をさせていただいております。今回は「弦高を下げたい」という強いご希望もあり、上記メニューだけではは不十分と考え、追加オプションのサドル底面切削による弦高修正も提案、実施させていただきました。以下レポートします。 続きを読む アコースティックギター基本調整Standard+サドル底面切削による弦高修正の例