「Amplifier」カテゴリーアーカイブ

Fender 57 Champ Mod.(Sold Out)

名機ツイードチャンプのオリジナルに忠実なリィシューに小出力モードを追加!

2007年前後製造のFender 57 Champです。エリッククラプトンがレコーディングに使用したことで伝説となった57年製のツイードのChampを再現した本格的な一台。

電源スイッチを3wayタイプに変更、ノーマル出力での使用、追加アッテネータによるパワーダウン出力の2モードにカスタマイズ。さらにパワーダウンモードはダウン幅を3段階から選択可能になっております。

はっきりとそれとわかる打痕が一か所、拭き掃除では落ちない汚れが少し、パネルの文字落ちなど見られますがそれ以外は比較的綺麗な状態を保っています。ツィードアンプの中古にありがちなツィードのほつれもなくまだまだ長く付き合って行けると思います。

サウンドチェック。ギターはFender Jeff Beck Stratocasterでエフェクトなし。動画最初はボリューム40%くらい、次いで70%、終盤はフルでチェック。最後にパワーダウンモード(この動画では3段階のうち一番低い出力を選択)での音量がどれくらいになるかを確認。

 

LP Typeギターで。

前面。Fenderプレートの右斜め上にはっきりとわかる打痕があります。また、右下ネジ付近に拭き掃除では落ちない茶色の点汚れ。それ以外は中古品としてはまずまず綺麗な状態。ネットの破れ・ほつれもありません。
前述打痕と点汚れの拡大。
上面。パネルと筐体の間に少し隙間があります。これは内部構造の都合で生じているものです。勿論使用に問題はありません。パネル上の文字はかなり落ちてしまっていますが、1Volumeのみの超シンプル操作なので困ることはないでしょう。
電源スイッチは3wayタイプに交換いたしました。センター位置で電源OFF、両端が電源ONとなっています。

後面。赤矢印のノブはパワーダウンモードでの出力選択のために追加したものです。3段階のパワーダウンが可能。スピーカーは高級アンプ御用達のTed Weber制作の8inch一発。新品当時の日本の正規代理店のステッカーが貼られていることから正規品であることがわかります。
正規品ですので当然ながら日本の電源環境に合わせた電源ケーブルとなっています。一般家庭のコンセントにつなげて使用できます。電源ケーブルの長さはアンプから露出している部分で1.8mあります。
中古品としては綺麗な状態。
布製の専用カバーが付属。
取説や回路図等新品時の書類がそろっています。

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文方法、送料等について!

⇒ 下取りご希望の方はこちら

Orange Micro Terror + PPC108 + Belden 9497 Speaker Cableセット(Sold Out)

Micro Terror 、キャビネットとBeldenスピーカーケーブルのセット!

とても可愛らしいデザインの小型アンプヘッドOrange Micro TerrorとスピーカーキャビネットPPC108、スピーカーケーブルのセットです。

小傷やちょっとした汚れなど使用感はありますが致命的な損傷はなく中古品としては比較的綺麗な状態です。スピーカーケーブルはこういった機種に付属している汎用品的なものではなく、定番Belden9497ケーブルと音声信号部が金メッキされた高級なフォンプラグで作成された本格的なものが付属します。

小型ながら真空管12AX7を使用した回路から生まれるパワフルなドライブサウンドは魅力。張りのあるクリーンもOK。練習用としてはもちろん、お部屋やあるいはお店のインテリア用としてもオススメです。

サウンドチェック。動画前半はクリーンサウンド、後半はドライブサウンド。ギターはFender Jeff Beck Stratocasterを使用。

 

LP Typeでチェック。

続きを読む Orange Micro Terror + PPC108 + Belden 9497 Speaker Cableセット(Sold Out)

Fender Japan TC-10 Tweed Champ Special Mod.(Sold Out)

ヴィンテージ感あふれる渋い外観の日本製ChampをSpecial Modify!

Fender Japan TC-10 Tweed Champです。1990年代の製品で当時はなかなか人気があり、外観違いの限定仕様品などもラインナップされていました。基本的には本家Fenderのオリジナルchampに倣った小型真空管アンプではあるものの、音色は本家に比べ中域を少しおとなしくしたすっきりしたものとなっていました。今回の出品にあたりオリジナルのChampと同じトーン回路に切り替えるMid Boost機能を追加、本家に近いパンチのある音色も楽しめます。さらに、家練習で音量を適切に調整できる3段階アッテネータ式のパワーダウン機能も追加しています。

傷や汚れ、ネットの破れなど使用感がありますが致命的な損傷はなく、それらが渋い雰囲気を醸しているのもポイント。ツイードの場合、布地のためどうしても汚れがたまりやすかったり古いものになると大きなほつれや破れなどがあることが多いですが、本機の場合ラッカーが吹かれているためかそれが起きにくくなっています。

渋い外観のコンパクトなアンプをお探しの方、自宅練習でも真空管の音にこだわりたい方などにオススメ!

サウンドチェック。アンプのセッティングはVolumeは12まで目盛りがあるうちの9、Treble、Bassはそれぞれフルで動画の最初から最後まで固定、音色変化はピッキングやギター側のボリューム操作でチェック。エフェクトなし。動画前半はデフォルトの音色、中盤以降は今回追加したMid BoostをOn、最後にパワーダウンモードでどれくらい音量が下がるかをチェック。

まずは一般的なシングルコイルのPU搭載のST Typeで。

 

次にハムバッキングPU搭載のLP Typeで。

続きを読む Fender Japan TC-10 Tweed Champ Special Mod.(Sold Out)

Fender Super Sonic 60(Sold Out)

おすすめ真空管アンプFender Super Sonic 60!

Fender Super Sonic Combo 60Wバージョン、おそらくは2010年頃製造の一台です。クリーンには名機Bassman、Vibrolux風の回路を搭載しそれぞれのキャラクターのフェンダーサウンドをフットスイッチで切り替えが可能。ドライブチャンネルはFenderではめずらしい多段増幅のハイゲイン仕様でクランチからかなり過激なディストーションサウンド、セッティングによってはファズのようなサウンドまでカバーしています。60Wとライブも余裕でこなせる出力ですが、使い方によっては家での練習程度の音量もOK(後述)です。Fenderファンは勿論、マルチに使用できるフルチューブアンプをお探しの方にもオススメ!

小傷やちょっとした汚れ、金属部の錆・クスミなどが少し見られますが目立つ損傷はなく、製造から10年以上経過している品としては比較的綺麗な状態と言ってよいと思います。

サウンドチェック。ギターはストラトタイプ。ケーブルはBold Cable FATでアンプ直。

まずVintage(クリーン)チャンネルのVibroluxモード。カッティングやアルペジオが映えそうなすっきりした音像です。

 

次にVintage(クリーン)チャンネルのBassmanモード。Vibroluxモードに比べて中低域が効いた太い音が特長で、Volume設定が同じでもVibroluxよりも音が前に出る感てきます。Vibroluxモードでバッキング、Bassmanモードでリードといった使い分けも面白そうです。

 

Burn(ドライブ)チャンネル。かなりのハイゲインまでこなします。最初は軽いクランチ程度(Gain1,2共に9時ぐらい)からスタート、Gain1を11~12時くらいでかなりハイゲインになってきます。Gain2をあげるとコンプレッション、サステインが増すような感じで、セッティングによってはファズのような感触にもなります。

 

最後にフットスイッチで各チャンネルの切り替えやエフェクトループを利用した音量ダウンなども交えて。

続きを読む Fender Super Sonic 60(Sold Out)

ZT AMP LUNCH BOX JUNIOR(Sold Out)

人気のLunch BOX JUNIOR!

コンパクトながら小規模なライブでも使用できるくらいの音質・音量で人気のZT Amp Lunch Box Juniorです。並行輸入品で電源は115V仕様ですが日本の家庭用コンセント(100V)でも問題なく駆動します。別途アダプター(12Vセンター+)があればそちらでも駆動。

以下画像でもわかる通り小傷等使用感はありますが中古品としては綺麗な状態と言ってよいかと思います。

人気機種にもかかわらず流通数が少なくなかなか入手機会がない本機、お探しの方はお早目にお問い合わせください。

専用キャリーバッグ付属。

サウンドチェック。ギターはシングルコイルPUのストラトタイプ、シールドケーブルはBold Cable FATでアンプ直。アンプのセッティングはギター側のボリュームフルで少し歪むくらいのイメージでVolume3時、Tone2時、Gain1時に固定。

正面。コンパクトな本機ですが大きな音にも耐えるようにするためかかなりしっかりした筐体です。
コントロールはシンプルにボリューム、トーン、ゲイン。ゲイン幅はクリーン~クランチくらい。トーンはいわゆる「鈴鳴り」の成分あたりを操作するような感じで音作りしやすいです。
リアパネル。ヘッドホンアウト、外部音源入力、スピカ―On/Offスイッチ、メイン電源スイッチ等が備えられています。電源は115V仕様ですが付属の電源ケーブルで日本の家庭用コンセント(100V)でも問題なく使用できますが、別途12VDCアダプターを用意してそちらで給電も可能。9VDC OUTからは9Vエフェクターに給電可能。
付属の電源ケーブル。長さは約1.6m。
大きさ比較のためにBOSSのペダルと並べてみたところ。
付属の専用キャリーバック。何故か表側の刺繍が逆向きになっています。上部のファスナーの片側が破損していますが問題なく使用できます。

⇒ ご質問・ご相談等はこちら!

⇒ ご注文方法、送料等について!

⇒ 下取りご希望の方はこちら